病院の概要

東和病院医療安全対策要綱

制定 平成27年10月1日

(目 的)

第1 岩手県立東和病院の医療安全対策については本要綱の定めるところにより実施するものとし、本要綱に定めのない事項については、岩手県立病院等医療安全対策指針(以下「指針」という。)による。

 

(医療安全推進者等)

第2 当院における医療安全対策を推進するため、医療安全推進者及びセーフティマネージャーを置く。

2 医療安全推進者等の所掌事務等は、指針第3の1(3)に定めるとおりとする。

3 医療機器安全管理責任者及び医薬品安全管理責任者は、医療安全推進者等と連携し、指針第3の2又は3に定める業務を実施する。

 

(医療安全管理委員会)

第3 医療安全対策の推進に関して検討するため、院長の諮問機関として医療安全管理委員会(以下「安全管理委員会」という。)を置く。

2 安全管理委員会の委員は別表2のとおりとする。

3 安全管理委員会の所掌事務等は、指針第4の1(1)に定めるとおりとする。

 

(医療事故調査委員会)

第4 指針第2の2に定める医療事故調査制度対象事案の調査等に対応するため、院長の諮問機関として医療事故調査委員会(以下「調査委員会」という。)を置く。

2 調査委員会の委員は別表3のとおりとする。

3 調査委員会の所掌事務等は、指針第4の1(2)に定めるとおりとする。

 

(医療安全対策マニュアル)

第5 当院における手術室等の各部門や人工呼吸器等での医療事故防止の体制整備及び具体的方策の推進並びに医療事故発生時の対応等については、別添「医療安全対策マニュアル」のとおりとする。

 

(職員研修)

第6 医療安全推進者は、安全管理委員会と連携し、全職員を対象とする医療安全研修会を年2回以上開催するものとする。

2 研修会の開催方法等については、指針第6に定めるとおりとする。

 

(インシデント事例等の収集・分析)

第7 院内で発生したインシデント事例等について、関与又は発見した職員は医療安全集中管理システム及び医療安全レポートにより報告するものとする。

2 インシデント事例等の取扱いについては、指針第7に定めるとおりとする。

3 医療安全集中管理システムの使用方法等は、別に定めるとおりとする。

 

(医療事故調査制度への対応)

第8 院長等は、院内で医療法第6条の10に該当する事案(医療事故調査制度対象事案)が発生した場合に、関係職員から適切に報告がなされるよう、職員への教育・周知及び院内体制の整備を図るものとする。

 

(医療事故等の対応)

第9 医療事故等(医療事故調査制度対象事案を含む)が発生した場合には、指針別添の「岩手県立病院等医療事故等対応マニュアル」に従って対応する。

 

(本要綱の閲覧)

第10 本要綱は、患者及び家族等から閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。

 

(医療安全活動資料の取扱い)

第11 医療安全管理委員会、医療事故調査委員会及び医療安全管理室(医療安全管理部・医療安全推進者等)の収集情報・調査・議論等の一切(以下「医療安全活動資料」という。)は、専ら医療安全推進を目的とし、いずれも当院(地域診療センター)内部のためだけのものであり、医療安全推進の目的で連携する院外医療事故調査委員会その他の第三者機関の医療安全活動資料も含め、いずれも患者・家族を含む外部に開示してはならず、当院も患者・家族も民事訴訟法第2編第4章に定める証拠とすることができない。


上へ
戻る