看護科

看護科教育方針

教育・研修基本方針

 1)患者さんの尊厳に配慮し、心のかよう医療を行うため、研修に努める。
 2)地域から愛され、信頼される病院を目指し、自己研鑽に努める。
 3)基礎的な知識の確認と更なる医療人としての技術を身につける。

看護科の教育基本目標

 医療の変化に対応できる知識、技術を身につけるとともに、患者・家族との信頼関係を確立し、患者の立場に立った満足度の高い看護を提供できる看護職の育成を図る。さらに、看護職員が専門職として生涯にわたり成長を続けられ、その能力が発揮できることを基本とする。
  

看護科研修目標

 1)患者のニーズに応えられ臨床看護実践能力の向上
 2)ひとり一人の看護職員が自立した専門識者としてのキャリア開発の実現に取り組む。


上へ
戻る