看護科

看護科理念・基本方針

看護科理念・基本方針

   

 

当院の看護科は、地域の皆様が安心して生活ができるよう、医療の立場から貢献するために、ひとりひとりを大切にした切れ目のない看護の提供に取り組んでいます。また、地域の期待に応え続ける病院づくりの一環として、職員全員がやりがいをもち安心して働き続けることができる職場環境づくりにも取り組んでいます。これからも、病院内だけではなく患者さんの生活する場・職種・人とのつながりを大事にしながら、患者さんと家族の支えとなり、生かし生かされる地域作りに参画することを目指してまいります。

                                                 

                                                                                                                         総看護師長  笠寺 容子

 

基本理念

 

地域の皆さんの安心に貢献できるよう、患者さんひとりひとりの尊厳を護り、安全で温かい看護を提供します。

 

 基本方針

 

1.常に倫理観を持ち、その人にとっての最善のケアを実践します。

2.地域の多職種と協働し、患者さんの意思を尊重したその人らしい在宅療養の継続を実現できる切れ目のない支援を実践します。

3.看護が貢献できる役割を追求し、地域のニーズに応えられる支援を実践します。

4.医療安全に努め、科学的根拠に基づいた安全な看護を実践します。

5.専門職として自己研鑽を積み、主体性・自律性を持つ看護師の育成に努めます。

6.健康で安全にやりがいを持ち働き続けられる職場環境づくりに努めます。

7.病院の健全経営に積極的に参画し安定した経営の確保に努めます。  

 

令和3年度看護科目標

 地域のみなさんが安心して生活できるよう、患者・家族の思いを大切にした切れ目のない看護を提供します。

 職場の安全とWLBの促進に努め、安心して働くことのできる環境を整えます。

 

 1.看護の専門性の発揮と患者満足度の向上

   1)継続看護の充実

  2)倫理的視点の向上

  3)高齢者ケアおよび専門的ケアの充実

  4)PNSの醸成

2.安全・安心の医療・看護の提供

  1)医療安全対策と感染防止対策の徹底

3.人材育成の推進

  1)キャリア開発ガイドラインに沿った教育計画の実施

  2)看護の役割拡大に必要な資格取得・更新の支援

  3)看護学生臨地実習への対応

4.働きやすい職場環境づくりの推進と職務満足度の向上

  1)WLB(HWP)推進と業務改善(全職種対象インデックス調査への参加)

  2)お互い認め合える職場風土の醸成

5.地域包括ケアシステムへの参画

  地域の多職種との協働(カンファレンス・訪問・ACP等)

6.健全経営への参画

  看護で算定できる基本料・加算の堅持 


上へ
戻る