リハビリテーション科

リハビリテーション技術科のご紹介

岩手県立東和病院リハビリテーション技術科は、一般病床および地域包括ケア病床、外来において理学療法を提供しております。

入院中は入院治療に関わる他職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務職員、理学療法士等)が参加するカンファレンスを行い、情報交換・治療方針の統一・充実したリハビリテーションの提供に努めております。

 

リハビリテーション技術科 方針

様々な身体障害を受けた患者さんの運動機能を最大限に回復させ、1日も早く住み慣れた家庭での生活が可能な状態になるよう訓練を通し援助します。

 

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅲ)
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅲ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅲ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅱ)

 

職員

リハビリテーション科長 医師 佐藤 武彦

理学療法士 2名

医療技術補助員 1名

 

リハビリテーション診療体制

日常生活の改善に向けて、集中的なリハビリを行います。

基本的には月曜日から金曜日、状態に応じてリハビリテーションを行います。

 

理学療法

理学療法は、身体運動機能の問題を運動療法によって改善する療法です。医師の指示と評価に基づき、改善に必要な運動(筋力トレーニング、関節可動域訓練、協調性運動、起き上がり・立ち上がり・歩行などの基本動作練習など)を行います。能力障害が残存した場合には、基本的動作や日常生活活動の指導や自宅等で生活しやすい環境を整備するための福祉用具、住宅改修の助言、環境整備などを他職種と協力し行います。入院診療を中心に対応しております。


上へ
戻る